知ってLog 知ってること全て書きたい

正確に90度で固定、接着コーナークランプが便利!おすすめの2選。

引き続きましてクランプのお話。
基本的なクランプは一通り書いたので便利クランプをご紹介です。

正確に90度で固定、接着コーナークランプが便利!おすすめの2選。

クランプの中でも断トツに便利なのが、コーナークランプじゃないかと。
1度使うともうこれなしで作業はできない。

それくらい便利なクランプです。
もはやマストで必要なアイテムと言ってもいいかもですね。

[セットの記事]
まずはF型とC型のクランプが使いやすい
接着にはコレ!素材がずれないクランプ
墨付け、角度調整に便利すぎる工具7選!
精密ドライバーセットが便利!格安セットでOK
保存版、知ってる限り全部ドリルビット集!
用途別で最強の接着剤!まとめてご紹介。
木材補修にウッドパテ、多用途に穴埋めパテ

コーナークランプの役割は90度での直角固定。

DIYしていると必ずぶつかる問題が、90度での接着や組み立てです。

誰もが1度は困ったハズ。
治具なしで90度をだすのはかなり手間。
でもコーナークランプがあれば楽チンです。

この2つがおすすめ。
1度買えばずっと使える工具なので安物の4個セットとかはやめた方が良いかと。

きっちり90度がでないと意味なしです。
安物だと仕上げがよくない物も多く、しっかり固定してるのに精度が悪かったり、すぐに壊れたりです。

コーナークランプに関しては良いモノを選んだ方が結局は安上がりになるハズ。

コーナークランプの使い方。

最低でも2個は持っておきたい。
出来れば4つあるとひじょうに便利ですね。

私が使ってるのはコレ。
低価格の割に精度もしっかりでます。
安いモノを選ぶなら最低でもこのコーナークランプかな。

おすすめのクランプは友人が使ってるモノ。
レバー1本で固定できて、精度もきっちり90度がでます。

少し値が張るけど完璧な出来かと。
私も次を買うならGORCHENを選びますね。
文句なくおすすめです。

SK11 コーナークランプ 使い方

使い方はこうゆうこと。
板をセットしてクランプを締込む。
クランプの壁に2枚の板を押しつけて固定。
これだけできっちり90度がでます。

あとはビスで固定するのもよし、接着剤を塗っておいてそのまま圧着するもよしです。
正直、便利過ぎます。

幅のある板の場合はコーナークランプを2つ用意して、反対側も同じように固定すると正確に90度で固定できるわけです。

最後にクランプの重要性。

ブログ内でもよく書いてる事ですが、まっすぐに、垂直に、直角に、正確に、mm単位など。

初めのうちはそんな細かく??
って思うかもしれないですが、DIYで重要なのはココなんです。

テーブルの脚

少しづつのズレが仕上がりにも強度にも作業のしやすさにも全てに影響してくるので。
1ヶ所のズレはじめから徐々に全体がズレてきて上手く進められなくなったりもします。

逆に言うと、精度さえでていれば困ることって大幅になくなってきます。
その基礎がクランプでの固定や圧着になるわけです。

ね!クランプ重要な工具でしょ。

[セットの記事]
まずはF型とC型のクランプが使いやすい
接着にはコレ!素材がずれないクランプ
墨付け、角度調整に便利すぎる工具7選!
精密ドライバーセットが便利!格安セットでOK
保存版、知ってる限り全部ドリルビット集!
用途別で最強の接着剤!まとめてご紹介。
木材補修にウッドパテ、多用途に穴埋めパテ

–おすすめ記事–
電動ノコギリは大きく3種類。DIYでの選び方。
電動ドリルの種類と選び方
木材を正確にまっすぐ切る方法
木材を削るならオービタルサンダー
電動ドリルで垂直に穴をあける方法
最強のサビ止めはKUREシリーズ

関連する記事はこちら

サイト内検索

Copyright ShitteLog All rights reserved.