知ってLog 知ってること全て書きたい

Macに入れたWindowsを使うのにキーボードの配置を変更。

MacのBootCampでWindows7がインストールされた状態からの続編です。
インストールの方法は前回の記事を見てください。
WinとMacではキーボードの配置が違うどころかMacには存在しないキーも…。

Macに入れたWindowsを使うのにキーボードの配置を変更。

MacでWinを快適に使うにはキーボードの配置変更は必須でしょう。
今回もぜったい変更すべきところに絞って紹介します。
これにプラスして用途に合わせた変更をしていけば、より快適に使えると思います。

BootCamp上のWindowsで「英数」「かな」キーで文字を変更できる様にする。

Windowsでは「半角/全角」キーで文字を切り替えますが、通常のMacのキーボードには存在しないキーです。
そこでMacと同じく「英数」「かな」キーで文字を変更できるようにします。 Windowsで「MS-IME」のプロパティを開きます。

Windows MS-IME

キー設定の変更をクリック。

Windows MS-IME Windows MS-IME

「無変換」を「IME-オフ」に変更。
「ひらがな」を「IME-オン」に変更。
OKをクリック。 これでMacのように「英数」「かな」キーで文字を変更できるようになります。

BootCamp上のWindowsで主要キーを変更する。

以前、「Macのキーボード配置を変える」という記事をかきましたがWindows版です。
Macのキーボード配置も変えていれば、違和感はほとんどないと言えるレベルです。 キーの変更には「KeySwap」というアプリを使用するのでこちらからダウンロードします。
常駐ソフトではないのが「KeySwap」の良いところです。
ダウンロードしたらソフトを起動して以下の様に設定します。

Windows Key-swap

変更するキーは3カ所。 Macの「command」キーをWinの「alt」キーに変更。
Macの「option」キーをWinの「ctrl」キーに変更。
Macの「control」キーをWinの「win」キーに変更。
私は上記の設定がしっくりとくるのでおすすめです。
合わないという人はお好きなようにキーを変更してください。
ただMacと同じであまり自由に変更すると他のPCをさわる時に大変になるので必要最低限の変更にしましょう。

あとがき

とりいそぎ上記の2つを設定しておけば、
まずまずストレスなくMacでWindowsを使えると思います。 ただ、最初に書いたように最低限に絞ってますので、
使っていれば他にもそのつど変更したい箇所が見えてくると思います。
まぁMac使いの人でWinもいれるということはたぶん用途が決まっていると思います。
仕事上しかたなくとか、1番多いのがWinでしかできないゲームでしょう。
ちなみに私の場合は両方ですが、後者が大きいかな。笑
今回はブートキャンプを選びましたが、Mac上でシームレスにWinを動かす方法もあります。
どーゆう方法でWinを動かすかで「向く」「向かない」が出てきます。
次回はその辺をちょこっと書こうと思います。
MacでWindowsを動かす方法でした。

関連する記事はこちら

コメントをどうぞ

サイト内検索

Copyright ShitteLog All rights reserved.