知ってLog 知ってること全て書きたい

木材を削る!ヤスリがけに格安オービタルサンダーが便利すぎる!

木材加工の3大要素。
切る、穴あけ、削るじゃないかと。
熟練になってくると曲げるも加わってくるのかも知れないけど、そこまでくるともう私には未知の領域。

木材を削る!ヤスリがけに格安オービタルサンダーが便利すぎる!

中でも「削る」が工程的にも体力的にも大変な作業になるかと。
ちなみに私は削るが1番好きな作業です。
木材がすべすべになるのが気持ちよくて仕方ないわけです。

木材を削る場面とは。

いろんな場面があるけど、
基本的には加工の仕上げがほとんどかと。

1番多いのはやはり塗装前。
下地作りが基本ですからね、ヤスリがけは外せない工程。

荷台 塗装

180番で削った後に320番で下地作って、
1度塗っては320番でヤスリがけを3度4度と繰り返す。
なかなか体力のいる作業になりがち。

小さな物なら手で問題ないですが、
面積が大きくなればなるほど負担が大きい。

あとは古い木材を加工し直すときや、塗装を落とすときも削らないとですね。

木材を削る電動工具ならオービタルサンダー。

電動工具の中でもあまり重要視されてないような気が勝手にしております。
私的にはこれがなくては始まらないくらいに便利な工具かと。

便利ではあるものの
オービタルサンダーに関しては、
あまりお金をかけなくても良いかとも思ってます。

もちろんしっかりしたサンダーを選ぶに越したことはありませんがね。
私の場合はあまりお金もないし、、。

それにDIYで使う分には安いサンダーでも充分に活躍してくれるんです。
まぁ少し力を入れないといけなかったりはしますが、 手でやることを考えれば不満はない範囲に使えるかと。

値段は安いけど充分に使えるオービタルサンダー。

いつものごとく自分が使ってるやつです。
多分これ以上に格安のサンダーはないんじゃないかと。笑

オービタルサンダー オービタルサンダー オービタルサンダー

工具としての重厚感と言うんでしょうか。
どしんとしっかりした感じ。
まったくありません。笑

お値段も衝撃的に安いかと。
でも大丈夫!
普通に使えるしめちゃ便利な工具です。

もちろんですが、 金額面より性能重視の人にはこっちがおすすめですよ。

オービタルサンダー 布ヤスリ オービタルサンダー 布ヤスリ

どちらも安価な布ヤスリをハサミで切って3分割して使うことが可能。
オービタルサンダー専用のロール型の紙ヤスリよりもコスト削減できるし、
細かい部分は普通に布ヤスリとして使えるのでコレで両方まかなえるかと。

オービタルサンダー 布ヤスリ

装着してみてこんな感じ。
ちなみに紙ヤスリはダメ、選ぶなら布ヤスリです。

紙ヤスリだとサンダーの力に負けてしまって破れてしまうので。
さらに布ヤスリだと耐久性もかなりあるのでけっこう長い間使えちゃう。
サクッとこれでスタンバイ完了。

オービタルサンダー 布ヤスリ オービタルサンダー 布ヤスリ

何に使ったのかも忘れてしまった2×4材。
1分もかからないウチに綺麗なすべすべ木材になります。
こんな感じ

激安オービタルサンダーだけど充分に使えるかと。
ただ木くずは舞ってしまうので外での作業限定ですね。
作業する時は風向きに注意でございます。

–関連記事–
自力で削るならシントーの鋸ヤスリ
KUREサビ止めシリーズ
最強の接着剤!まとめてご紹介。
電動ドリルで垂直に穴をあける方法
木材をまっすぐ切る方法
自作で木ダボを作る方法
電動ドリルで垂直に穴をあける方法
SK11ドリルガイドのインプレ
ドリルビット知りうる限り全部ご紹介。

  • アウトドア&スポーツ ナチュラム

関連する記事はこちら

サイト内検索

Copyright ShitteLog All rights reserved.