知ってLog 知ってること全て書きたい

ネジ締めやDIYに最初の電動ドリルはドリルドライバーがオススメ。

ネジ締めやDIYに最初の電動ドリルはドリルドライバーがオススメ。

DIY、日曜大工をしない人でも電動ドリルは1本持ってると何かと重宝するものです。
でも電動ドリルってひとまとめにいってもいくつか種類があります。
今回は最初に買うべき電動ドリル、他のドリルとの違い、使い分けなどを書いていきます。

最初に買うべき電動ドリルは電動ドリルドライバー!

電動ドリルドライバーは名前の通り、
穴あけ作業とネジ締め作業の両方ができる電動ドリル。
一般的に電動ドリルというとドリルドライバーを指してるんじゃないかと。

このあたりの製品です。

インパクトとよく間違われるので注意です。
用途が合うならインパクトでもいいかと思いますが、
1本目はやっぱりドリルドライバーかと。

電動ドリルドライバーの特長

電動ドリルドライバー 電動ドリルドライバー

最もオールマイティに使えるドリル。
DIY、日曜大工で大きいモノや硬い材質を使わなければコレ1本で穴あけとネジ締めの両方をこなせます。
もちろん日常使用はドリルドライバー1本で充分です。

ドリルドライバーの最も優れる点は、
日常でよく使う小、中サイズくらいまでのネジ締め性能にあるかと。

ほとんどのドリルドライバーはクラッチ機能を搭載しています。
クラッチの強さを調整することで、
力が強く加わる時にクラッチが滑ってネジ溝を潰しにくくするわけです。
最後にガガガッとなるやつですね。

電動ドリルドライバー 電動ドリルドライバー

短所としてはオールマイティがゆえに、
硬い木材やステンレスなど鉄への穴あけにはパワー不足なところですね。

電動ドリルドライバーの選び方とオススメの組み合わせ

あくまで私的な意見ですが、
使い方による電動ドリルドライバーの選び方です。
参考になれば。

日常使用でDIYもしない人

3,000円くらいの安いモノで充分に使えます。
この値段でもあるとないでは大違い。

ドリルドライバーのみでDIYもする人

値段は高くなりますが、
本格的なものを買った方が後で後悔しないかと。
ある程度パワーが大事になってきます。

電気ドリルやインパクトと併用する人

私もこのタイプです。
穴あけは電気ドリルに、大きめのネジの締め込みはインパクトに任せる。
のでドリルドライバーは安いモノで大丈夫。

もちろんのことですが、
お金に余裕のある方は良いドリルドライバーを買ったほうが良いですよ。
そうそう壊れるものでもないので、一生使える可能性も全然あります。
わたしの安いドリルドライバーでも10年近く使えてるので。笑

電動ドリルドライバー

DIYをしない人でも価格が安い電動ドリルを1つもっているとなかなか重宝するかと。

–関連記事–
木工ビスはスリムビスとコーススレッド
電動ドリルの種類と選び方
ビスやネジの締め込みにインパクト
木材、鉄の穴あけにマキタ電動ドリルM609
大型DIYやコンクリの穴あけに震動ドリル
電動ドリルで垂直に穴をあける方法
SK11ドリルガイドのインプレ
木材をまっすぐ切る方法
KUREサビ止めシリーズ
ドリルビット知りうる限り全部ご紹介。
最強の接着剤!まとめてご紹介。

  • アウトドア&スポーツ ナチュラム

関連する記事はこちら

サイト内検索

Copyright ShitteLog All rights reserved.