知ってLog 知ってること全て書きたい

丸ノコで正確に一直線を切る方法!おすすめ丸ノコガイドを2つ厳選。

引き続き電動ノコギリのお話。
今回は丸ノコで必要になるガイドについて。

丸ノコで正確に一直線を切る方法!おすすめ丸ノコガイドを2つ厳選。

丸ノコにガイドはマストのアイテム。
言わずもがな丸ノコを使って正確に一直線を切るための治具ですね。

ガイドは大事ですよ。
作業のスピードも仕上がりの精度もガイド次第でかなり変わってきます。

私が知ってる限り、しっかり精度がでて、取り回しも良い、おすすめ丸ノコガイドを2つ厳選してご紹介。

このガイドで間違いない!笑

おすすめの丸ノコガイドを2つ厳選!

ガイドですし早速いきます。
はじめに買うべき長さは60㎝がおすすめです。
私的に間違いのない長さでございます。

これ以上長くなると取り回しが悪くなるし50㎝だとあと少しという場面が結構でてきます。

逆に60㎝以上を切る時ってテーブルを作る時とか、限定されてくるので、簡易で作る自作ガイドで充分です。

では丸ノコガイドのおすすめ2選です。

シンワ測定 丸ノコガイド定規 エルアングル Plus 60cm

定規といえばシンワ測定です。
長く使いたい方はエルアングル Plus、価格を抑えたい方はエルアングルライトですね。

直線を正確に切るためだけの丸ノコガイド。
角度調整などの機能がある方が便利な気がすると思いますが、オプション要素が入るとどうしても精度や耐久性が落ちます。

1つの目的のためだけに作られたシンプルな道具が結局は精度も耐久性も1番高いです。

とはいえ、角度切りがマストで必要という方もおられると思うので。

角度切りが必要なら丸ノコガイド定規フリーアングル Neoの1択です。

角度調整ネジも邪魔にならないし、軽く締めるだけでがっちりと固定されます。

自由な角度で手早く切れるメリットはありますが、90度を切るのはエルアングルシリーズが圧倒的に楽ですよ。

丸ノコガイドは上記で選んでおけば間違いなしです。

おすすめできない丸ノコガイドはTガイド。

タジマ Tガイド マグネシウム 長さ455mm

Tガイドはコンパクトで簡単に使えるのですが、精度が出しにくいのであまりおすすめできません。

切る木がまっすぐでないと使えないし、長さ調整も地味に面倒、切る時も慎重に進めないとブレます。

大抵の方は定規タイプのガイドを買い直すことになると思います。
初めから定規タイプのガイドにしとくべき!

最後に丸ノコガイドの重要性について

知ってLog読んで頂いてる希少な方なら、「もうわかった」という内容になるのですが、また細かい話です。笑

定規

DIYで最も大事なのは精度です。
たった1mmのズレが重なって全体の強度や仕上がりに影響していきます。

定規やガイド、クランプに代表する治具はDIYの基本であり精度にも作業効率にも影響する重要アイテムです。

1度揃えれば、そうそう買い換える工具でもないので、初めから精度、強度、使いやすさがあるアイテムを持っておく方が絶対に良いです。

–関連記事–
間違いのない丸ノコを2つ厳選!
電動ノコギリは大きく3種類。DIYでの選び方。
ジグソーの選び方、おすすめジグソー3選
レシプロソー選び3つの重要ポイント
ドリルビット知りうる限り全部ご紹介。
墨付け、角度調整に便利すぎる工具7選!
木材をまっすぐ切る方法
木材を削るならオービタルサンダー
自力で削るならシントーの鋸ヤスリ
自作で木ダボを作る方法
木工ビスはスリムビスとコーススレッド
ネジやビスの頭を隠す方法
電動ドリルの種類と選び方
電動ドリルで垂直に穴をあける方法
SK11ドリルガイドのインプレ
最強の接着剤!まとめてご紹介。

  • アウトドア&スポーツ ナチュラム

関連する記事はこちら

サイト内検索

Copyright ShitteLog All rights reserved.