知ってLog 知ってること全て書きたい

接着時の固定にスプリングクランプ、クイックバークランプが超便利!

DIYネタを少し続けていきます。
またDIYのブログ化してしまいそうで怖いですが、、。笑

接着時の固定にスプリングクランプ、クイックバークランプが超便利!

以前、クランプはF型とC型から揃えるべきって記事も書いたんですが、今回はもっと手軽に使えるクランプのご紹介。

クランプはいくつあっても良いくらい数も必要になる基本的な工具。
DIYには欠かせない存在です。

もっとも手軽に使えるクランプはハンドクランプ。

ハンドクランプとかスプリングクランプとかの名称で呼ばれているクランプ。
大きい洗濯バサミみたいなものです。

手軽さで言えばこのクランプが1番でしょう。

ハンドクランプ

誰でも手軽に使えるのが魅力。
固定する力はスプリングなので、クランプの中では1番弱いかと思います。

もちろんしっかりしたモノを選んだ方が良いに決まってますが、私的にこのクランプは質よりも量かと。

主な用途は接着になると思うのです。
購入する際はサイズに注意です。

ハンドクランプ 木材固定

そのままですが、使い方は挟むだけ。
接着などに使うのにひじょうに便利です。

通常のクランプだとネジを回して締め込む時に、接着する素材と素材がズレてしまったりで、すごくイライラする感じになるかと。w

ハンドクランプなら挟むだけなので、素材同士のズレもまったくなしです。

幅があるものに便利。
レバー式のクイックバークランプ。

F型クランプのレバー版がクイックバークランプ。
もちろん幅があるものの固定に便利。

クイックバークランプ

これも固定力では普通のF型より弱いです。
でも、レバー式なので使い勝手はすごく良い。

幅があるので長い素材にも対応。
私の場合は手軽さから使用頻度が1番おおいクランプですね。

クイックバークランプ 木材固定

クイックバークランプもネジ込みタイプではないので、固定する時に素材と素材のズレが起こりません。

通常のF型クランプとの大きな違いかと。
もちろん接着の時にもひじょうに便利。
用途次第だけど、1番おすすめのクランプ。

そうそう、F型もクイックバーも選ぶなら初めから長いモノを買った方がいいですよ。
大は小を兼ねますから。

基本的な工具ほど大事なモノはなし。

クランプは本当にいくつあっても足りないくらい数も必要になる工具。

しっかり固定できないと精度も出ないです。
そーゆう意味でも最も基本になる工具かと。

F型、C型、スプリング、クイックバーと通常のクランプはひと通り書いたので、次回は便利系クランプも書いていこうかと。

–関連記事–
まずはF型とC型のクランプが使いやすい
90度で固定!コーナクランプおすすめ2選
墨付け、角度調整に便利すぎる工具7選!
最強の接着剤!まとめてご紹介
木材をまっすぐ切る方法
電動ドリルで垂直に穴をあける方法
SK11ドリルガイドのインプレ
自作で木ダボを作る方法
木工ビスはスリムビスとコーススレッド
ネジやビスの頭を隠す方法
自力で削るならシントーの鋸ヤスリ
木材を削るならオービタルサンダー
木材、鉄の穴あけにマキタ電動ドリルM609
大型DIYやコンクリの穴あけに震動ドリル

  • アウトドア&スポーツ ナチュラム

関連する記事はこちら

サイト内検索

Copyright ShitteLog All rights reserved.