知ってLog 知ってること全て書きたい

バイクを自力でオイル交換する方法。250TRでご紹介。

久しぶりにバイクネタです。
オイル交換の方法を書いてなかったので今回はオイル交換の手順です。

バイクを自力でオイル交換する方法。250TRでご紹介。

バイクほど自力で改造やメンテナンス、修理ができる乗り物はないんじゃないかと。
手をかければ愛着も大幅アップ。

私は250TRに乗ってるので250TRでのオイル交換の方法をご紹介しますが、
どのバイクでも似たようなものです。

まずはオイル交換に必要な道具。

必要なアイテムはこれくらい。
オイルは好きなものを選んでもらえばいいですが、
カストロールは値段も安く性能も良いおすすめオイル。

ポイパックは廃油の処理に大活躍。
エレメントはオイル交換2回に1回でOK。

ドレンワッシャーはボロくなったり無くしたら交換。
これ実は大事なパーツです、オイル漏れとボルトの締め過ぎを防いでくれます。

レンチ、六角、コインドライバーは必要に合わせて用意ですね。

必要な道具が揃ったところでさっそくオイル交換の手順。

今は250TR乗ってるのでTRの手順ですが、基本的にはどのバイクでもおんなじです。

250TRオイル抜き

まずは汚くなったオイルを抜きます。
250TRの場合はここです。
ドレンボルトを回すとオイルが出てくるので受け皿を置く。
ポイパックがあると処理も楽ちんです。

あとドレンワッシャーは失くしやすいし忘れやすいので特に注意です。
地味な部品だけどオイル漏れを防ぐという重要なパーツ。

エレメント ドレンワッシャ

オイル交換2回につき1回はエレメントドレンワッシャーも交換。
エレメントもドレンワッシャーもバイクによって違うので適合する型番を使ってください。

250TR オイルエレメント オイルエレメント 汚れ オイルエレメント

250TRの場合はここ。
六角でフタを開けるとエレメントがでてくる。
盛大に汚れてるので新しいものと交換して元どおりにフタします。

カストロールアクティブ オイルジョッキ

古いオイルをだしきったらドレンボルトを締めて新しいエンジンオイルの出番。

一押しオイルはカストロール
あとオイル注ぐジョッキがあると便利というかないとこぼれる。笑

250TRオイル交換

250TRだとオイルはここから。
ここのフタはコインドライバー使わないとあかないので注意です。
しかも何故かいつも硬い。。

オイルの量は約2Lです、少なくても多くても良くないのでゲージみながら微調整。
エレメント交換した時はオイルの量も若干多めですね。

オイルを入れ終えたらエンジンかけてオイルを回す。
エンジン切ってちょっと待ってもう1回ゲージを確認して足りてなかったらオイルを微調整でフィニッシュです。

最後にオイルについて思うこと。

バイクほどオイルの効果を感じる乗り物も少ないかと。

走ってる時の乗り心地もだし、ギアの入り具合も、エンジン音まで変わってきます。

カストロールは安いオイルの中でバイクをながく守るという意味でおすすめです。
なんでも乗らずに置いてる時にもエンジンにしっかり付着し保護してくれるとのこと。

ネイキッド乗ってた時期はオイルもいろいろ使ったけど、
今は街乗り250ccなんで私的にはカストロールで十分かと思うわけです。

機械的にはオイルの価格よりもちゃんと交換することの方が大事です。

いいオイルの方がやっぱり良いのは言うまでもないですけどね。

–関連記事–
最強の接着剤!まとめてご紹介。
KUREサビ止めシリーズ
チェーン掃除を簡単にする方法
バイク用サイドバッグ
スマホをカーナビ化する手順
simフリーでスマホ代が月額2,000円

  • アウトドア&スポーツ ナチュラム

関連する記事はこちら

サイト内検索

Copyright ShitteLog All rights reserved.