知ってLog 知ってること全て書きたい

Macでキーボード配置を1つ変えるとWindows使う時も楽になるよ。

ちょっと意味不明なタイトルになってますが、
家ではMacを使ってる人でも会社はWindowsとかwindowsをさわらないといけない機会があると思います。
個人的に残念だけど世の中の大半のPCはWindowsだから…。

Macでキーボード配置を1つ変えるとWindows使う時も楽になるよ。

仕事柄、私はMacもWindowsも使いますが、Windowsは嫌いです。
まぁそれはさておき、
MacとWindowsを両方つかっていて困ってしまうのがキーボードの配置がちがうのでショートカットが押しにくいこと。 そこでお使いのMacのキーボードの配列を1カ所だけ変更することで、
Macを使っていてもWindowsを使っていても違和感を少なくすることができます。
今回はMacのキーボード配置を変更する方法です。

Macのキーボード配置を変更するのに必要なアプリ。

Karabiner

自分好みにMacのキーボード配列を変更する便利なアプリ。
以前はKeyRemap4MacBookという名前でした。
ダウンロードページはボタンから。

Karabiner

MacのキーボードをWindowsよりに変更する1カ所。

MacとWindowsでキーボードの違い

ショートカットが押しにくい原因はMacでいうと「command」「option(alt)」キー。
Windowsでいうとこの「ctrl」「alt」キーです。
この配置がMacとWindowsで反対になってるから押しにくいんだと思います。

Macキーボード配置変更

上のように「command」と「option(alt)」キーを変更します。
これだけのことですが、かなり楽にMacもWindwosも使えるようになると思います。

Macのキーボードを変更する方法。

まずはKarabinerを起動させます。
設定内容はこちらの通り。

Karabiner キーボード設定 Karabiner キーボード設定

「Change Option_L Key」を「Option_L to Command_L」。
「Change Command_L Key」を「Command_L to Option_L」。
これでキーが入れ替わります。

あとがき

Karabinerを使うとキーの配置をある程度は自由に変更できますが、
あまり自己流で変えてしまうと他のPCを使うときに困ってしまうので最小限の範囲で変更するのが望ましいです。 MacとWindowsでキーが打ちにくいなぁって感じてる方はぜひ試してみてください。

関連する記事はこちら

コメントをどうぞ

サイト内検索

Copyright ShitteLog All rights reserved.