知ってLog 知ってること全て書きたい

旧型MacPro、HDDからSSDに換装起動してスピードアップさせてみた。

前回、旧型PCの高速化にSSDでめちゃ早くなるって記事書いたんですが、
もちろん自分で体感してないと断言なんてできません。 PC遅いなとか感じてる人はぜひやってみてください。
PCがMacProなので今回はMacProのやり方ですが、WindowsでもMacでもスピードアップ間違いなし。

Mac Pro (Early2008) をSSDに換装してみた。

SSD Sandisk UltraⅡ

購入したのはSanDisk SSD UltraII 240GB。

240GBで12,000円くらい、本当に安くなりました!
読み出し速度550MB、書き出し速度500MB。
他にこの価格帯で速度もあって有名なSSDは、オススメSSD見てください。
私は一眼レフでいつもお世話になってるSanDiskを選びました。

取り付けに関してはHDDよりサイズが小さいので、マウンタが必要ってことくらい。

各社からSSDマウンタってのが発売されてるけど、
固定されてりゃいいんでしょってことで本当に雑に自作してみました。

SSD マウンタ自作

グラボ交換で余ったパーツをつけてみたらほどよい高さになったので、
これに軽く接着剤つけてSSDを固定。
自分でやっといてなんですが…。
あまりの雑さにびっくりです。

SSD換装

取り付けてみました。
まぁでも雑さのわりにはいい感じでしょう、これでMacに認識されました。
さてさてこっからです、慣れない人にはしんどい作業SSDにOSの換装。
といってもWindowsに比べるとMacはまだ楽なもんです。

SSDにMacOSのインストール手順。

1. 現在のベンチマークをとってどれくらいの効果がでるかわくわくする。(しなくてもよい)
2. SSDをディスクユーティリティでMac OS拡張(ジャーナリング)にフォーマットする。
3. 現在の起動ディスクのデータを新しいSSDに復元する。
4. MacのPramをクリアする。
5. TRIMを有効にする。
6. 交換後のベンチマークをみて喜ぶ。(しなくてもよい) 1と6はしなくてもいいですがした方が楽しい。
どうせやるのなら楽しまないと損、ある意味では1番重要な項目。
ベンチマークはこれ使うと便利。
2〜4はこちらのブログがとても詳しく説明されてるので良いと思います。
完了したらもどってきて〜。笑
で5だけ自分で書きます。

TRIMってのがあるんですが、これアプリ使って有効にしてあげないといけない。

ちなみにTRIMはざっくりというと速度低下をおさえる機能のこと。 やり方は非常に簡単。Trim EnablerをダウンロードしてTRIMをONにするだけ。

Trim Enabler

これでOK!
確認はシステム情報のSATA/SATA Expressの項目、交換したSSDを選択してTRIMサポートが「はい」になってれば有効化完了

システム Trim

以上でSSD化は完了。あとはベンチマークを見比べて楽しみます。
こっちがHDD起動のベンチマーク。

HDDベンチマーク

どんだけ遅いの〜。
車で言ったら20キロくらいのとこでしょうか。 こっちが換装後SSD起動のベンチマーク。

SSDベンチマーク

SSDに換装して数値だけで言えば約6倍の高速化。
体感的にも旧型MacProでもまだまだいける感がすごい。

Mac Pro (Early2008)はsata2なのでSSDの性能全部は引き出せないけど、以前と比べて爆速になったって言えるレベルにサクサク起動、アプリの立ち上がりも、読み書き共にかなりの高速化が体感できます! いちおう車でいうと110キロ出るようになった感じです。 もうこの時点でストレスを感じないくらいにはなったので十分だけど、
sata2をsata3に変換して、さらに高速化できるアイテムないかとさがしてみるとやっぱありましたね。
ApricornのVelocity Solo x2 コレも追加導入してあげればSSDの性能ほぼすべて使えるようになるので、さらに高速化するでしょうね。 感想としては値段も手頃になったし、旧型PCはMac,Windows関係なくSSD起動に換装したら、いままでとは別物くらいに快適に使えると思いますよ。

関連する記事はこちら

コメントをどうぞ

サイト内検索

Copyright ShitteLog All rights reserved.