知ってLog 知ってること全て書きたい

zipファイル、MacとWindowsで文字化けを解消する方法。

MacとWindowsでファイルをやり取りする時ってありますよね。
お互いの環境がMac同士だと問題なくやりとりができますが、MacからWindowsに圧縮したZipファイルを送る場合。 文字化けが発生します。
さらに「.DS_Store」という不要ファイルも送られてしまう。

zipファイル、MacとWindowsで文字化けを解消する方法。

Macの人は気づかずに送っていても、Windowsで受けとった側はなかなかイラッとするもの。
特に仕事上での文字化けZipは御法度です。 MacからWindowsにZipファイルを送る時に文字化けさせないアプリのご紹介。
マナーみたいなものなので確実に入れておきましょう。

MacからWindowsにZipファイルを送るには「WinArchiver」

「WinArchiver」でZipファイルを作成するとWindowsで開いたときにも文字化け+不要ファイルを解消したZipファイルを作ってくれます。
簡単操作で非常に便利なアプリです。 「WinArchiver」には無料版と有料版があります。
普通に使う分には無料版の「WinArchiver Lite」で問題なしです。

有料版と無料版のちがいはこちら

「WinArchiver」の使い方

まずは「WinArchiver」を起動させます。

WinArchiver Lite

広告は表示されてしまいますが気にせずいきましょう。
ここにzipファイルにしたいファイルやフォルダをドラッグします。

WinArchiver Lite

パスワードを指定したい場合はパスワードを入力します。
あとは「Zipファイルを作成」ボタンを押すだけで、Windowsに対応したZipファイルを作成してくれます。 無料版でもとっても便利です。

関連する記事はこちら

コメントをどうぞ

サイト内検索

Copyright ShitteLog All rights reserved.