知ってLog 知ってること全て書きたい

タトンカのレクタタープ1TCを2年使ってみて使用感をインプレ!

キャンプやアウトドアネタを続けて書いていこうと思います。
当分キャンプブログ化しそうで怖いですが、知ってる事を全部書くブログ「知ってlog」でございます。

タトンカのレクタタープ1TCを2年使ってみて使用感をインプレ!

前回タープの種類とおすすめを書いたので、今回は私が使ってるタトンカのレクタタープ Trap 1TCを2年使ってみて使用感をご紹介です。

アウトドア好きの方は読んで損なしのハズ。

私が今使ってるのはタトンカ レクタタープ Trap 1TC。

まずはブランドのことから。
タトンカはドイツ発のアウトドアブランドでバックパックをメインに販売してるブランド。

特にタトンカのタープはキャンパーの間でも人気が高く、私も自信を持っておすすめです。

タトンカタープ1TC

私のはタトンカタープの中でもサイズの大きいTrap 1TC。

425×445cmあります。
テーブルと椅子を置いても6人分くらいの日陰を確保できるサイズ感です。

あ、タープの中でもかなり大きい方です。
慣れれば1人でできるけど、設営は2人以上が好ましいですね。

タトンカタープの素材はポリコットン!生地が素敵。

タープを選ぶ時に大事なのは生地の素材。
前回も書いたんですが、日光、雨、風、火の粉とかなり過酷な状況下で使うアイテムです。

素材は最も重要なポイント。

タトンカタープ 生地

タトンカのタープの素材はポリコットン。
コットン35%・ポリエステル65%の割合。
タトンカタープは全てこの生地です。

コットンは火に強く遮光性も高いけど重い、ポリエステルは軽く、防水性に優れています。

タトンカのタープは生地の厚さと配合のバランスが良いので、コットンを使っているのに重さも気になりません。

もちろん強度もしっかりしています。

タトンカタープ 火

コットン素材を含んでいるので、タトンカのタープならタープの中でバーベキューや焚き火もできちゃいます。

これって大きいですよ。

タトンカタープ 影

そして遮光性の高さ
コットン効果で遮光性が高く、ポリエステル製のタープよりも陰が濃くなります。
もちろんタープ内の温度も涼しくなりますね。

ということでおすすめ素材がポリコットン。
特に日差しが強い夏場はタープ次第で居心地の良さがまったく変わってきます。

タトンカのタープは耐熱性、遮光性、強度、重量、価格のバランスがひじょうに良くとれたタープだと思うわけです。

タトンカ Trap1TCなら張り方のアレンジは自由自在!

これはタトンカに限らずですが、レクタタープとスクエアタープは張り方のバリエーションが豊富です。

サイズが大きいほど自由度は増しますよ。
これがアウトドアにどっぷりハマってる人ほどレクタタープを選ぶ理由ですね。
ではでは、一部をご紹介。

タトンカタープ1TC 張り方アレンジ ポール6本

基本の形です。
オーソドックスに6本のポールで設営。
シンプルですが実用的です。

タトンカタープ1TC 張り方アレンジ ポール2本

三角張り。
ポールは2本、4隅はロープで固定、角度のついた三角形になるので雨にも強い。

タトンカタープ1TC 張り方アレンジ ポール4本

おすすめの張り方。
ポールは4本、なんとなく玄人感がします。笑
スペースも広く実用的かつオシャレ。

タトンカタープ1TC 海の張り方

海水浴で私がよくするのがこれ。
ポールは短いポール4本、前を布で隠せば着替えをするにも困りません。


上記は木とか車とか、ロープを結ぶ物がない時に私がよくするオーソドックスな張り方ですね。

ロープを結べる物があるとバリエーションはもっともっと増えます。
ほんと自由自在です。

場所や状況に合わせて使えるのがレクタタープ、スクエアタープの魅力と思うわけです。

タープを張るのに必要な4つのアイテム。

ヘキサ、ウィング、レクタ、スクエアタープは自立式のタープではないので、設営にはタープ以外にもアイテムが必要。

最低限で必要な4つのアイテムを軽くだけご紹介です。

ポール

まずはタープを支えるポール。
これがなくては始まらない。
おすすめポールの記事もどうぞ。

ロープ

ポールやタープを張るためのロープ。
アウトドアにロープは必需品。
そんなにいる?ってくらい持っていても足りなくなるアイテムです。
おすすめロープの記事もどうぞ。

ペグ

ロープを地面に固定するペグ。
ペグの選択はすごく大事。
弱いペグだとタープが崩壊して大惨事に。
おすすめペグの記事もどうぞ。

ハンマー

ペグを打ち込むハンマー。
正直、大きめのカナヅチでもOKです。
そのうち使いにくいってなりますが。笑
おすすめハンマーの記事もどうぞ。


この4アイテムは最低限で必要ですね。
ポール、ペグの数はタープによっても変わってきます。

タトンカ Trap 1TCの総評。

タトンカタープ1TC

それではタトンカ Trap1TC総評です。
ここまで読んでもらっていればお分かりの通りですが、自信を持っておすすめできるタープです。

丈夫で火の粉に強く遮光性も高い、ポリコットン素材で重量も抑えられています。

カラーも落ち着きがあり自然に溶け込む感じでオシャレですしね、ひじょうにできるタープです。

このサイズと性能で考えるとかなり良い買い物になるんじゃないかと。

タトンカタープ ヘキサコクーン

私のはレクタタープTrap 1TCですが、タトンカのヘキサタープもおすすめです。

サイズや形は用途と好みに合わせてですね。
少人数キャンプが多い人はヘキサタープの方が設営も楽だし実用的。

タープをお探しならタトンカタープも候補にあげてみてください。
ひじょうにおすすめでございます。

–関連記事–
種類別おすすめタープをまとめてご紹介♪
タープポールは長さ調整できるタイプを!
ペグ選びおすすめは鍛造ペグ+タフステイク!
ペグ用ハンマーのおすすめ3選!使用感も。
キャンプの飾りつけアイテム集め!
モンベル ヒップバッグとおすすめ6選♪
フェスや外遊びにおすすめサコッシュ6選
アウトドアに便利な小銭入れ6選!
男のサンダル選びおすすめサンダル6選
水着は街でも使えるサーフパンツで!
後悔しないクーラーボックスの選び方
携帯バーナーおすすめブランド3選
アウトドアでも簡単にアイスコーヒー!
屋外でコーヒーを楽しむための道具や方法
座り心地が最高キャンバスチェア
アウトドアにヘリノックスチェア
折りたたみナイフとメーカー集

  • アウトドア&スポーツ ナチュラム

関連する記事はこちら

サイト内検索

Copyright ShitteLog All rights reserved.